Event is FINISHED

【募集スタート!】【xLAB2019】スタジオ中間講評会「STUDIO MID-TERM REVIEW」Architecture × Resilience(一般申込)

Description
xLAB2019 「スタジオ中間講評会」開催!
〜講師+国内外学生らの2週間のリサーチ・デザインの折り返し点を公開〜
(2019.7.9/イベント詳細をアップデートしました!)

ご聴講申し込みに関するお問い合わせ
xlabss@japan-architect.co.jp

■イベント概要 *Event Detail: English below

建築・都市デザインの分野から、
将来の〈物理環境〉と〈デジタル環境〉の融合のあり方をリサーチする、
国際的シンクタンクとして2017年に設立されたxLAB。

xLABが開催する夏期連続イベント「xLAB サマー・プログラム」もいよいよ3年目/最終年を迎えました!
これは、学生・研究者・実務者らの交流や、
さまざまなアイデアの実証、知識の共有を通じて、
近い将来の人が暮らす環境をデザイン/構築するための戦略を開発することを目的としたイベントです。

このイベントは、2週間にわたるプログラムの一環として実施される、
世界中から集まった建築系大学生によるワークショップ・スタジオ中間講評会です!

xLABでは、世界各国の先進的な建築教育を行う大学の学生が、著名講師とのジョイントで
リサーチと提案を行うスタジオを、KOIL(柏の葉オープンイノベーションラボ)を拠点に実施。
ニール・ディナーリ氏 + 平野利樹氏 + 柴崎亮介氏
と、
ミホ・マゼリエウ氏 + カズ・ヨネダ氏 + 金田充弘氏
を2つのスタジオの指導者に迎え、
これからの建築とテクノロジーの関係をそれぞれの視点から追求します!

今年のテーマは「RESILIENCE」(冗長性・柔軟性)
近年の技術・社会・環境的な、あらゆるものごとの激しい変化を受けて、
将来のために「環境のデザイン手法」を改めて考え直す必要性が高まっています。
変化の速さと、予測不可能性に対応できる柔軟なシステムを開発するために、
テクノロジーをどのように活用することができるのでしょうか?

これを追求する2週間のスタジオ・ワークショップの中間講評会をみなさまに公開します! 
それぞれのスタジオの講師+学生による発表が行われ、ゲスト・クリティークによる講評を実施。
建築分野・都市デザイン分野内外からの多角的かつ新鮮な視点からのクリティークをご覧ください。

ぜひこの機会にご来場ください。
*イベントは、無線同時通訳を使用し、全て英語/日英2ヶ国語で行われます。

【開催概要】
日時:2018年8月2日(金)13:00〜17:00(12:30会場)
会場:柏の葉カンファレンスセンター(千葉県柏市若柴178番地4 ホテル&レジデンス棟2階)
参加費:無料
定員:50名(先着順)
*こちらのイベントは先着順となっております。定員に達し次第締め切らせていただきます。

--------------------------------------------------

Throughout the 2 weeks of the xLAB Summer Program, students who receive advanced architectural education at the universities of all over the world will conduct their researches and exchange their ideas at the studio located at KOIL (Kashiwa-no-ha Open Innovation Lab). Neil Denari + Toshiki Hirano + Ryosuke Shibasaki, and Miho Mazereeuw + Kaz Yoneda + Mitsuhiro Kanada as leaders of the two studios, they will analyze the relationship between architecture and technology from their viewpoints.

The 2019 xLAB Summer Program will focus on Tokyo's resilience and consists of studios, seminar lectures, faculty lectures, and a symposium at The National Museum of Emerging Science and Innovation (Miraikan). Cities in the 21st century face a growing number of technological, social, and environmental challenges. Changes happening at an unprecedented speed and degree of unpredictability create an urgency to redefine strategies for designing buildings, cities, and environments. For urban systems to respond to various challenges, unpredictabilities, and time modes, it is necessary to develop a softness and redundancy that allows them to fluctuate. Resilience is the capacity for an entity or system to respond to change. The concept of Resilience in the city will be explored from the perspectives of technology, society:, and ecology:, to discuss, test, and share design methods to increase the resilience of the built and natural environments.

Mid-term review will be open to the general public. Presentations will be made by the student participants, and reviews for students presentations will be given by the guest critiques.

Please join us at the event. We are looking forward to seeing you.
*This event will be held in English only or both in English and Japanese using simultaneous interpretation.

【Event Outline】
Date and Time:Friday, 2rd, 2019 at 13:00〜17:00 (12:30 door opens)
Venue:Kashiwa-no-ha Conference Center (178-4 Wakashiba, Kashiwa, Chiba Prefecture)
Entrance Fee:Free
Capacity:50 people(First come)

*Tickets are available on a first come, first served basis.
We will stop accepting applications once all the seats are taken.
Fri Aug 2, 2019
1:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
入場券 FULL
Venue Address
柏市若柴178番地4 ホテル&レジデンス棟2階 Japan
Organizer
xLAB SUMMER PROGRAM
297 Followers